「サッカー」練習法。トラップ編。どんな球でも、自分の思った所に自在に止められるようになろう!!

スポーツ
スポンサーリンク

前回のリフティングに続いて、今回は「トラップ」です。リフティング編を見ていない方は下記リンクから見てみて下さい。

リフティング上達のコツ

サッカーに置いてトラップは基本中の基本です。また、自分の思ったようにトラップが出来るようになればプレーの幅が広がります。毎日の練習でトラップの練習は必ずやるようにしましょう。

すぐに上手くなる」わたしはこんな事は言いません。そんあ魔法があったら誰でもプロになれます。しっかりと練習を繰り返し、積み重ねた結果が自分の力になります。上手くなるために毎日練習を欠かさず繰り返しましょう。

ステップ① ゴロのボールを止める

基本的にトラップの練習は相手がいないと難しいので、仲間や、親と一緒にやりましょう。(壁でもできますが、効率が悪いので)

ゴロのボールを止める練習は特に言う事はありません。一般的にやる練習で問題ないと思います。

向かい合ってパスの練習をするだけですね。足の裏で止める。足の内側(インサイド)、外側(アウトサイド)色んな所で止められるようにしましょう。慣れてきたら少しずつ離れてやったり、パスの強さを強くしたりしましょう。

※ コツとしては、次にボールがすぐ蹴れる位置にボールを止める事を意識しましょう(具体的に言うと、ボールを止めた次にワンステップでボールが蹴れる位置。自分の利き足で蹴れる位置ですね)

ボールが近いと次にボールを蹴る前に一回ボールの位置を変える動作をしなければなりません。また、離れすぎていると、敵に取られてしまいます。止めてすぐに自分の次の動作がし易い位置を意識して練習しましょう。

それが出来るようになったら、「次に自分が何をするか」。これを考えながら止める位置を変えてみましょう。

例えば、

  1. 次にドリブルに移りたいから少し離れた位置に止めて、トップスピードでドリブルに入る
  2. 敵が来ているから、右に止めるフリをして左側に止める
  3. 止めてすぐにシュートまたは、ロングキックをする為、足の裏で止めてそのまま前に転がす

こんな感じで、毎回自分がどういう状況か、次に何をする為にボールを止めるのか。これを意識して練習するだけで上達の仕方が違います。

ステップ② 浮き球を止める

ゴロの次は浮き球です。これもゴロの練習と同様に、相手とパスの練習をする感じで練習すればいいと思います。これも、足、モモ、胸、頭、手以外の場所で止める感覚を掴みましょう。

リフティングでボールを高く上げて止める。これもトラップの練習にはなります。

リフティングのコツはコチラ

最初は胸でトラップするのは痛いし、怖いと思いますが、慣れれば大丈夫です。むしろ、一番ボールに当たる体の面積が広いので、簡単です。

ただし、ボールの勢いをコロすのが難しい為、ただ当たるだけではボールが跳ね返るだけになってしまいます。まず簡単なのが、

  1. ボールが当たる瞬間に胸を斜め上に突き出し、ボールを上に上げる。
  2. 胸を突き出した状態から、ボールが当たる瞬間に胸を引く

基本はこんな感じです。ボールを上に上げる方が簡単ですが、実践向きではないので、②の方がいいと思います。

浮き球のトラップの練習では、相手にボールを投げてもらうのもいいと思います。

わたしは、父親に近距離から、ボールを強く投げてもらってそれを止める練習を毎晩していました。近いから、どこに飛んできても反応出来なければならないし、変な回転が掛かっていたりと、トラップの練習だけでなく、判断力も養えると思います。

ステップ③ ポジションを意識した練習

ある程度トラップが出来てきたら、ポジションの想定をした練習と、試合を意識した練習をしましょう。

① トラップをする前に周りを見る

試合中はトラップをする前に、周りの状況を把握しなければなりません。周りの状況を把握した上で、どこに止めるか、止めずに蹴るのか等判断しなければなりません。

一緒に練習をしている相手に、パスを出してもらったあと、指を出してもらって指が何本か答えながらトラップしてみましょう。指を出すタイミング、出す場所は相手に任せます。慣れてくれば、トラップしながらでも指を確認できるようになります。

② ポジションや、自分のいる位置を意識する

例えば、サイドバックの選手や、ボールを受ける位置がコートのサイド側だとします。サイドでボールを受ける選手は、前に行きたいので、右サイドにいる場合は右足で、左サイドにいる場合は、左足で体を開きながらトラップをするのが基本になります。

これは、サイドにいる選手が、体を開かずにトラップをすると、基本的には後ろ向きになります。そうなると、ボールを後ろに下げるか、横に出すしか出来ません。(変則的なトラップは別)そういうトラップをする選手は、相手にとって怖くありません。

まず、ボールを受ける前に、相手の位置を確認。相手が来ていなければ体を開いてボールを受ける。ドリブルで前に進むか、パスを出すか選択をする。もし、相手が来ている場合は無理に前を向く必要はありませんが、それ以外は常に前を向く意識を持ってボールを受けることがサイドの選手には必要になります。体を開きながら止めるクセをつけましょう。

③ フォーワード、コートの真ん中でボールを受ける

フォワード、ボランチ、ボールを受けるときに相手を背負っている場面が多いと思います。ボールを取られない事が大事なので、相手をしっかり押さえながらボールを止める。フォワードにとって大事なポストプレーですね。しかし、ポストプレーだけ上手くなっても相手は怖くありません。相手が怖いのは、一発で前を向くことです。フォワードの役目は点を取ることです。ポストプレーも大事ですが、ポストプレーかと思ったら一発で前を向いてシュートに持っていく。これが出来ると相手は怖いです。ポストプレーをする時も、もしかしたら振り向くかもという意識をチラつかせる事ができます。

わたしの場合は、基本的に、自分が一発で振り向いてシュートをすぐ打てる位置(アタックエリア)で受けるときは一発で前を向くという意識を持ってやっていました。練習としては、

  1. 相手から来たボールを自分の斜め後ろに体を移動させながら止める
  2. 実際に相手を背負い、相手を抑えながら1でやったことをやる。

これがしっかり出来るようになると本当にディフェンスから嫌がられます。ディフェンスに嫌がられるということはいいフォワードということです。

これは、ボランチにも言える事ですが、ボランチもディフェンスからボールをもらう時に相手を背負っている場面が多いですね。このときに前を向いて、スペースにパスを出す。これが出来ると速攻攻撃の効率が上がります。

ただし、ボランチはフォワードと違い、ボールを取られると、失点に繋がってしまうリスクのあるポジションです。しっかりと周りの状況を把握して、無理はせず、前を向けるタイミングを計りましょう。

自分のポジション。またはコートのどこでボールを受けようとしているのか。これを意識しながら練習をすれば試合に活きてきます。それを意識してやれば、自分でも練習方法を思いつきます。自分で練習方法を考えながら練習することも重要な事なので、常に考えながら練習しましょう。

あとはひたすら繰り返し練習するだけ

リフティングのコツのときにも書きましたが、「意識」することは非常に重要です。

  • 次に何をする為にボールを止めるのか
  • どこにボールを置いたら次の動作に移りやすいのか
  • 相手からボールを取られない位置はどこなのか
  • 体のどこでボールを止めるのが最善か

これだけでなく、自分で考え、意識しながら練習をすることが、上達に繋がり、試合に活きてくる練習になります。

そして、結果はすぐに出る物ではありません。

出来る限り毎日やりましょう。

チームの練習をするだけでは、人より上手くはなれません。人と同じことをしても練習とは言えないからです。人より上手くなる為には、人より練習するしかありません。自分に必要な練習をひたすら繰り返し練習しましょう。良く言いますが、練習は裏切りません。やればやっただけ身につくはずです。練習方法はたくさんあり、多くの人が紹介していると思います。色々な練習方法を試し、自分で工夫して自分の技術にしてください。

わたしは、小学校のときから、チームの練習以外に、

朝練・・・ランニング、ステップ(ラダー)を1時間

夜・・・ランニング、リフティング、ドリブル、トラップを2時間

毎日やりましたが、プロにはなれませんでした。それ程厳しい世界です。自分がどこを目指すかにもよりますが、上手くなる為にはひたすら練習するしかありません。

練習を続けることは大変ですが、強い気持ちを持って続けましょう。少なからず結果はついてくるはずです!!

トラップの練習と合わせて読みたいパス練習はコチラからパス練習法

コメント