「サッカー」練習法。パス編。自分の狙った所へ蹴れればいいだけではない。受け手の事を考えよう!!

スポーツ
スポンサーリンク

リフティング編トラップ編。読んで頂いた方。ありがとうございます!!

このページから読んで頂いている方。もし、気になれば下記ページで消化してますので是非読んでみて下さい。

リフティングの練習方法が見たい方はコチラリフティング編

トラップの練習が見たい方はコチラトラップ編

今回はパス編です。狙った所へパスを出す事は、サッカーにおいて重要です。狙った所へパスを出せれば、キックが正確に蹴れていますので、シュートにも繋がってきます。パスの基礎をしっかりする事で、キックが正確に蹴れるようになり、フリーキックコーナーキックも任されるかもしれません。

相手の足にしっかりパスを出せるようになろう

どこでもやる事ですね。相手の足にゴロでパスを出す。これだけです。トラップの練習と同時に行う練習です。この練習のポイントは2つ

  1. 相手の右足、左足、毎回どちらかを狙ってパスを出す。
  2. 蹴ったボールがバウンドせずにしっかり転がるように蹴

毎回この2つのポイントを意識してやりましょう!

1の基本は、自分の狙った方向へ軸足(蹴る足と逆の足)のつま先を向け、蹴る足は、インサイド(足の内側)の中心にボールが当たるように足首を固定して足手に向かって真っすぐ蹴りだします。これで真っすぐボールが狙った所へ転がっていきます。

2の基本はボールを蹴るのではなく、押し出すイメージを持つことと、ボールの真ん中をしっかり蹴る事です。

まず押し出すイメージですが、具体的には、ボールを蹴った時に足を止めるのではなく、しっかりとフォロースルーをしてあげる事です。足を止めてしまうとボールがバウンドし易くなってしまいます。

次にボールの真ん中を蹴るですが、ボールの上を蹴るとバウンドします。逆に下を蹴ると浮いてしまいます。しっかり真ん中に真っすぐ当てる事でしっかりと転がっていきます

※ トラップの練習と合わせると

トラップ

  • ボールを止める前に相手の位置を確認
  • 相手のどこにボールを出すか決める
  • 自分がどっちの足でトラップするか判断する
  • 自分の蹴る足を判断して、蹴り易い位置にボールを止める

パス

  • 狙った方向へ軸足のつま先を向ける
  • ボールの真ん中へインサイドの中心を当てる
  • フォロースルーをしっかりする

これで、パスの基本、トラップの基本、周囲の確認の基本、自分の意思決定、の練習が出来ます。パスのスピードを上げていけば、判断のスピードも上がっていきますね。

ボールを止めずにダイレクトでパスをしてみよう

止めてパスを出す事に慣れてきたら、次のステップです。

ダイレクトパスの練習をしましょう。試合中は毎回ボールを止めている暇はありません。時にはボールを止めずにダイレクトでパスを出さなければいけない場面が出てきます。

ダイレクトパスは、個人的ダイレクトパスはトラップのイメージに近いと思っています。相手のパスの強さによってボールの勢いをコロすのか、ボールに当てるだけなのか、蹴るのか。こんな感じです。

最初は軽く蹴る感じで感覚を掴んでいきましょう。感覚が掴めてきたら徐々にパスを強くしていきましょう!

これを繰り返してやっていると、このくらいの強さだったら当てるだけでいいとか、少し力を加えた方がいいとかが分かるようになります。

ダイレクトパスの練習も、しっかりと軸足の向き、足を出す方向の意識は忘れずに意識していきましょう。

基本が出来れくれば、軸足の向きを意識しなくても蹴る方向、力の入れ方、ボールを当てる位置で狙った所へ蹴れるようになります。

ロングパスをやってみよう

ロングパスに関しては、言うまでもないですが、ロングキックが蹴れる必要があります。ロングキックと言っても、山なりのボール、低くて速いグラウンダーのボールと種類があります。

山なりのボール・・・・・ボールの下からすくい上げる感じ

低くて速いボール・・・・ボールの中心に真っすぐ当てる

※ コツ

山なりのボールは、足がボールに当たる瞬間(インパクト)の時に力を抜く感じ。

早いボールは、インパクトの時に、力をいれる感じ。

どちらの場合にも、インパクトの瞬間から足からボールが離れるまでに足首を返してしまうと、ボールに変な回転が掛かったり、狙った所へ飛んでいかなくなるので、足首の固定は意識しましょう!!

理想は、足手の足元ピッタリにボールを届ける事なので、そこを目差して練習しましょう。「どのくらいの力で蹴ればどれくらい飛ぶのか」これを自分ではっきり把握することで、キックの精度が上がります。自分の力加減、距離感を把握するまで繰り返し練習していきましょう!!

色々なキックの種類を試してみよう

キックには色々な種類があります。

蹴る箇所の種類

  • 足の内側のつま先よりの場所(インフロント)
  • 足の外側のつま先よりの場所(アウトフロント)
  • 足の中心(インステップ)
  • 足のつま先(トゥーキック)
  • かかと(ヒールキック)

キックの種類

① インフロント

内側にカーブが掛かります。インサイドで横から擦るように蹴ってもカーブは掛かりますが、インフロントは、遠くに蹴ったり、シュートを打つ時によく使います。

強く蹴るときは、インステップの少し横で蹴る感じ。山なりで蹴るときは、ボールの下から斜め上に向かって擦り上げる感じです。

フリーキックの時は、体を倒したり、蹴り上げる角度を縦方向に近づける程、回転が縦に近くなるので、斜めに落ちていくボールが蹴れます。

また、応用になりますが、インフロントの部分で、足首を固めて真っすぐ押し出すと今はメジャーになってますが、無回転のボールが蹴れます。

② アウトフロント

あまり使う頻度は高くないですが、インフロントの逆だと思って頂ければと思います。昔の話ですが、バナナシュートと言われるシュートがアウトフロントキックになります。

③ インステップ

強いシュートを打つ際によく使います。足首を固めて、インパクトの瞬間に力を入れる。膝から下を速く振るのがコツです。しっかり芯に当たると無回転のシュートになります。

④ トゥーキック

ボールのつま先でボールを蹴ります。フットサルや、フォワードがシュートの際に使います。密集地帯とかで、素早くボールを処理したい場合に使います。また、シュートの際はタイミングをずらすのにも効果的で、ゴール前では良く使われます。

⑤ ヒールキック

あまり使いませんが、後ろにボールを蹴るときに使います。自分がドリブルをしているときに、後ろの選手にパスを出したりと、フェイントとして使えます。注意点は、後ろを見ないで出すパスなので、相手に取られたら危険なエリアでは使わない方が良いです。場所を考えて使わないと適当なパスになってしまいます。見た目はカッコいいので使いたいですが、使う場所だけはしっかりと意識しましょう!!

的当て練習法

① カラーコーンを並べて離れた位置からカラーコーン(無ければ空き缶でもボールでもいいです)に当てる。

② ドリブルをしながらカラーコーンに当てる

③ 相手にパスを出してもらい、どのコーンか指示を出してもらって、言われたコーンに当てる

①→②→③の順番に練習していきましょう。

やる事は単純ですが、いい練習にもなりますし、判断力も養えます。遊び感覚で勝負しながら練習するのもいいでしょう。

パス練習は楽しい

パスやシュートはボールを狙った所へ蹴る練習で、自分でも上達が良く分かります。仲間と遊び感覚で勝負も出来るし楽しく練習できると思います。

基本はありますが、蹴り方は人それぞれ違いがあっていいと思います。自分の狙った所へボールが届けられる事が一番ですので、自分の蹴り易い蹴り方で練習して下さい。

楽しみながら色々な球種を試して下さい。無回転、カーブ、バックスピン。自分の得意なキックが見つかるはずです。得意なキックが見つかったらそれはいつか武器になります。どんどん練習して自分だけの武器として磨き上げて下さい。自分だけの武器がある選手は重宝されますよ!!

最後に大事な事

今回パスの練習の話をしました。パスを狙った所へ蹴ることは大事な事です。しかし、もっと大事な事があります。

パスを受ける人が受け取りやすいパス

これ以上に大事な事はありません。

例えば、

  1. 狙った所へ蹴ったけど変な回転が掛かっていてトラップがしにくい。
  2. 敵が受け手の右側から来ているのに受け手の左足にパスを出す。
  3. シュートチャンスや、すぐクリアしないと行けない場面で浮き球やバウンドしているパスを出す。

こんな感じで、パスを受ける相手がすぐ次の動作に移れるパスを目指してください。また、パスの受け手に対して、こうして欲しいという意思を込めたパスを出す事も重要です。

例えば、パスを受ける相手の前にスペースがある場合は、相手の少し前にパスを出して、「前に行けよ!!」「ドリブルで仕掛けろよ!!」という意思を込めたパスになります。

パスと同時にジェスチャーも加えるとより意思が伝わりますね。

コメント