サッカーボールおすすめ。3号球~5号球。年代に合ったサッカーボールの選び方を紹介します。

スポーツ
スポンサーリンク

当たり前ですが、サッカーボールはサッカーをする上で無くてはならない物です。サッカーボールの種類はたくさんあります。

最初から欲しいボールが決まっていればいいですが、分からないと選ぶのが大変です。自分(子供)が使うボールが何なのかがしっかり分かっていれば、あとは何を選んでも問題ないです。

まずは、どの種類のボールが必要なのか。試合で使うのか使わないのか。理解しましょう。

ボールの種類

ボールの大きさと使う年代

  • リフティングボール・・・・・リフティングの練習用のボール
  • 3号球・・・・・幼稚園、保育園、小学校低学年
  • 4号球・・・・・小学校低学年~小学校高学年
  • 5号泣・・・・・中学生以上
  • フットサルボール・・・・・フットサル用のボール

サッカーでいうと。3号、4号、5号ですね。(リフティングは省きます)

3号球

周囲58cm~60cm、直径19cm、重さ300g~320g

4号球

周囲63.5~66cm、直径20.5cm、重さ350g~390g

5号球

周囲68~70cm、直径20.5cm、重さ410g~450g

小学生に5号球を使わせると、足への負担が大きい為、故障の原因になります。大きいボールに早くから慣れさせたい気持ちは分かりますが、焦らず、怪我なしを優先させましょう。成長して筋力が付けば問題ないですからね。

グランド別ボール

基本的に、芝、土どちらでもプレーするのが基本だと思いますが、一応サッカーボールにも芝向きと土向きがあります。

天然芝や、人工芝のような柔らかい地面で使用する場合

ラテックスチューブ」を使っているサッカーボール

ラテックスチューブ」とは、天然ゴムで作らており、伸縮性に優れているという特徴があります。その為、柔らかい地面で使用すると、丁度いいバウンド(跳ね具合)になります。逆に土のような固い地面で使うと跳ねすぎてしまいます。

土や、テニスコートのような人工芝で使用する場合(固い地面)

ブチルチューブ」を使っているサッカーボール

ブチルチューブ」とは、合成ゴムで作られており、「ラッテクスチューブ」と違い跳ねすぎる事がありません。柔らかい地面で使用するとバウンドが低くてプレーが難しくなります。

補足ですが、「ブチルチューブ」を使用しているボールは空気が抜けにくい特徴がある為、空気圧の心配をする必要が少なくなります。

価格的には、「ブチルチューブ」を使用しているボールの方が安いです。

試合用か練習用か

サッカーには、公式試合で使えるボールと使えないボールがあります。公式試合で使えるぼーるには

JFA」もしくは、「FIFA」のロゴが入っています。

「検定球」といいますが、試合で使う為の検査を合格しているボールにだけロゴが入れられます。その為、値段は少し高くなりますが、公式試合で使う場合は、しっかりとロゴが入っているか確認しましょう。

逆に、練習用であれば、入っていなくても全く問題ないので、わざわざ高い「検定球」を買う必要はないと思います。

ボール選びのポイント

冒頭では色々と述べましたが、正直に言います。なんでもいいと思います。年齢に合ったボールを使っていれば問題ありません。予算とデザインで決めればいいと思います。わたしの経験上、自分がカッコいいと思うボールを買うのが一番いいです。

ただ1点だけ言わせてもらいます。チームに入っている場合。チームのボールでなく、個人のボールを使うチームもあると思います。その時は、

「なるべく人と被らないボール」

これを意識した方がいいと思います。少年サッカー「誰のボールか分からない」「どっちが自分のボールかわからない」という事件が起きます。迷宮入りした事もあります。名前を書いていても使っている間に表面が削れて名前が薄くなります。こんなとき、同じデザインのボールを使っていなければすぐ分かります。

欲しがるデザインは似たり寄ったりかもしれませんが、出来るのであれば、人とは違うボールを選んだ方がいいかなぁとわたしは思います。

カッコいいボールだと練習したくなる

子供の頃(大人になっても気持ちは分かる)は、サッカーボールがカッコいい、スパイクがカッコいいだけで、練習のモチベーションが上がります。消耗品ですし、高い物を買う必要はありませんが、子供の好きなように選ばせてあげて下さい。子供じゃない方は、用途に合わせて好きなボールを買って下さい。

ちなみに、わたしの場合。サッカーボールは真っ赤なボール。リフティングは金色のボールを使ってました。とりあえず目立ちたかったっていうだけですけど。

目立つ = 上手くないと恥ずかしい

ですから、練習するしかないですよね^^

人それぞれですけど、道具はモチベーションに繋がるという事は頭に入れておきましょう。

おすすめ3号球

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

アディダス コパ キャピターノ3号球・・重さは320gなので、3号球の中では重い方です。が、デザインの話でいくとすみません。個人的に好き。

画僧クリックでAmazon商品ページへ飛びます

ミカサの3号球・・250gと軽量なので、初めてのサッカーボールに最適です。当たってもケガの心配も少ないので安心です。デザインが「THEサッカーボール」って感じです。

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

ミカサの3号球・・250gと軽量なので、初めてのサッカーボールに最適です。当たってもケガの心配も少ないので安心です。

3号球は、MIKASAのボールが軽くて安心だと思います。一番最初のサッカーボールに最適だと思います。アディダスはほんとにわたしの好みです。

おすすめ4号球

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

スフィーダ4号球VAIS・・重さ390g。木梨憲武さんの作品「REACH OUT」とスフィーダのVAISのコラボ商品です。何といってもデザインですね。おしゃれ感漂う蹴るのが勿体ないボールです。

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

モルテン4号球・・340g。昔はボールと言えばモルテンでした。今でも健在ですね。個人的にモルテンのボールは好きなのでおすすめします。

画像クリックでAmazonn商品ページへ飛びます

アディダス4号球・・370g。子供が好きそうなデザインですね。小学生用のボールなので、これくらい派手でも良いのではと思います。

4号球からは、ほんとにデザイン重視でいいと思います。

おすすめ5号球

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

アディダス5号球メッシモデル・・メッシが好きな方はメッシモデルをおすすめします。ちょっとおもちゃみたいですけど^^

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます

ナイキ5号球・・個人的にナイキのボールはおすすめです。持ってておしゃれ度が増すサッカーボールですね。

画像クリックでAmazon商品ページへ飛びます。

モルテン5号球・・ペレーダシリーズです。わたしも昔使った事があります。1991年から始まり、2020年で5代目ペレーダです。(1991年、2002年、2005年、2013年、2020年)シリーズが続くのには訳がある。サッカー選手に愛されているからこその5代目です。

まとめ

サッカーボールの選び方を紹介しました。正直蹴り易いとかもあると思いますが、実際蹴ってみないと分かりません。人によって違いますからね。デザインで選んだボールを使い込んで自分の蹴り易いボールにしていけばいいと思います。

ただし、年代に合わせたボールは必ず選んで下さい。

ボールの種類もめちゃくちゃあります。自分の好みのボールを探してみるのもいいと思います。今回紹介したボールはあくまで参考ですし、デザインもわたしの好みです。

読んで頂いた方の、ボール選びの参考になれば嬉しいです。

合わせて読みたい「おすすめ」サッカートレーニング用品7選は下記ページで紹介してます!!

     

コメント