「サッカー」リフティング上達のコツ!!キーワードは「面」と「芯」。意識を変えて練習するだけで、上達は早くなる!!

スポーツ
スポンサーリンク

今回は、大好きなサッカーについて語ります。

BLUEDROPです。

サッカーを始めて最初にぶつかる課題の中で、「リフティング」があります。慣れてしまえば簡単ですが、慣れるまでが大変です。しかし、出来るとカッコいいし、サッカーをやっていて出来ないと恥ずかしいです。

今回は、わたしが昔やっていた練習方法を元に、上達のコツを教えたいと思います。

リフティングの目的

リフティングは、ボールを蹴る感覚を掴む。体の動かし方を覚える。ボールをコントロールする。こういった事に対しての練習になります。リフティングが上手になるということは、サッカーの上達に必要な事と言えるでしょう。ただし、リフティングだけ上手くなっても、サッカー選手として上達するのとは違うので、リフティングもサッカーの練習も頑張りましょう!!

ボールの真ん中を蹴る感覚を覚えよう

手以外であれば、どこを使ってもリフティングになりますが、今回は、最初の基本ということで、足をメインに教えていきますね。

イメージとしては、卓球やテニスのラケットなら、ボールをリフティングするように扱うのは難しくないですよね?ラケットは平らな広い「」です。足だと思うから難しくなります。足首を伸ばして、足で面を作るイメージです。(中々最初は難しいですけど・・・)

まずは手で持ってボールを上に蹴ってみます。このときに、足首をまっすぐ伸ばし、真ん中(インステップ)に当てます。ボールが真上に飛び、回転が掛かっていなければ、ボールの芯(真ん中)を蹴れています。このときに、真ん中を蹴れていないと、ボールが横に上がったり、横に回転が掛かっていたりします。(まっすぐ回転が掛かっている場合は、ボールの芯は蹴れているけど、足首が固定されておらず、蹴った時に足首が戻って回転が掛かっています。)

まっすぐの回転であれば、掛かっていてもいいですが、最初は足首を固定する感覚も覚えたいので、回転が掛からない方がいいと思います。

それが出来たら、1回蹴って手でキャッチ、、2回蹴って手でキャッチと、回数を少しずつ増やしていきましょう。5回くらい出来たら、そのまま落とすまで続けちゃいましょう!!

力の加減をしよう

芯にボールが当てられても、力加減をしないとリフティングは続きません。強く蹴るとボールは高く上がり、次に蹴るときに芯を蹴るのが難しくなってしまいます。最初のうちは目の高さくらいでいいと思います。目の高さにボールを蹴る力加減を覚えましょう。

利き足と反対の足も忘れずに

最初は利き足だけで練習してもいいと思いますが、片足だけでリフティングをするのは結構疲れます。利き足でリフティングをするのに少し慣れたらでいいので、利き足と反対の足でも練習してください。サッカーをやる上で両足が使える事は必須になる為、練習はしておきましょう。利き足と同じことをやって、慣れてきたら、右、左を交互にやればOKです。

どこでやるのも基本は同じ

足(インステップ、アウトサイド、インサイド、かかと)、モモ、肩、頭、どこでやるにしても、基本は同じです。基本的には、蹴る場所を平らな面にするボールの芯を蹴る(当てる)力加減。平らな面をボールの芯に当てれば真上に上がるという事です。(当たり前ですけど)これをいかにして続けられるかがリフティングになります。

基本が出来ていれば、疲れるまでリフティングを続けられます。

慣れてきたらリフティングボールを使ってみるのもいいです。

基本が出来てきたら歩いてみよう。

ボールの芯を蹴る、力加減が出来る、これが出来てきたら、次のステップです。「歩いて」やってみます。普通に歩く感覚でリフティングをします。この場合は、足首を固定すると歩きにくいので、蹴る瞬間に足首を少し返して、バックスピンを掛けます。回転が真っすぐ掛かっていれば上手に蹴れています。これを左右交互に蹴りながら、歩きます。これをやるとリフティングが上達します。わたしもこれをやってから、一気に回数が増えました。慣れれば、走りながらも出来るようになります。

その場から動かないでやってみよう

リフティングはボールコントロールの練習です。リフティングが上手になるというのは単に回数が出来るのではなく、その場から動かないで出来るかが大事になります。ある程度リフティングが出来るようになってきたら、自分の周りに「」を書きます。最初は少し大きめで、段々小さくしていってください。そして、書いた「」から出ないようにリフティングをしてみましょう。

ボールが上手くコントロール出来ていれば、「」から出ずに続けられます。もっと言えば、自分が向いている方向も同じ方向のまま出来るのが理想です。(自分の意志で向きを変えるのは別)

これが出来れば、ボールをコントロール出来ています。

あとは練習あるのみ!!

ここまで出来れば、後は毎日コツコツ練習するのみです。足だけでなく、肩や頭もリフティングのコツを理解していれば難しくありません。練習しているうちに出来るようになるはずです。

リフティングには様々な技がありますが、基本が出来てから技に挑戦しましょう!!ボールを自在に操れるようになって技が出来るようになります。

毎日30分でもいいので、リフティングの練習をしていれば出来るようになります。ただ、闇雲にやるのではなく、芯を蹴る感覚、足のどこに当てれば真っすぐ上がるか、どのくらいの力加減が一番やり易いか。これを考えながら練習して、体に覚えさせましょう。基本を体が覚えれば、そこからは上達が早いはずです。

慣れるまではつまらなかったり、大変かもしれませんが、諦めないで続けて下さい。絶対出来るようになります!!毎日コツコツ練習することが上達への近道です。出来なくても諦めない!!これが大事です。

楽しくやることが継続に繋がりますから、楽しくやりましょう!!

リフティング初級編のコツはこちらの動画を見ると分かり易いので参考に見てみて下さい。

まとめ

リフティングの練習に関しては、様々な方法があると思います。今回はわたしがやっていた練習方法を紹介しました。自分に合った練習方法を見つけるのが一番いいと思うので、もし、わたしの練習方法で上達できる人がいれば嬉しいです。

リフティングの次はトラップの練習です!!

トラップの練習法も気になる方はコチラで紹介してます!!

サッカー練習法。トラップ編

コメント